• SKLO

【プレスリリース】キャンパーに贈る、一枚革でつくる本格”焚火エプロン”

最終更新: 6月15日

株式会社SKLO(スクロー 神奈川県川崎市、代表取締役 齊藤 倫平)は、キャンプ・焚き火での使用に特化したエプロンの受注販売を2021年8月10日(火)より開始いたします。 溶接手袋など火を扱うプロの現場でも重用される機能性に優れた革を、継接ぎすることなく一枚革で贅沢に使用。 キャンプ・アウトドア好きな方へのプレゼントにもオススメです。

【キャンプ・焚き火におすすめする3つの理由】 理由1:溶接手袋にも使用される軽く、丈夫な革を使用


上代工業様での使用実験の様子 焚火よりも、遥かに熱い溶接の火花は2000 - 3000℃ *。高温で金属を溶かすためです。そうしたタフな現場で用いられている床ベロア革を焚火エプロンでは採用。また、革だからこそ、使い込むほど柔らかくなり、身体に馴染んでいきます。長時間使用を想定し、耐火・耐熱性と使いやすさを両立した素材を選定しました。 *SKLOと同じ川崎市にて金属加工を行う上代工業でのヒアリング、自社ウェブ調査を基に記載 理由2:キャンプでの使用シーンを想定し、できる限りシンプルにした、ポケットとループ


左右のループ使用例 「必要